うすい整形外科|多治見市滝呂町の整形外科・リウマチ科・リハビリテーション科

  • HOME
  • オステオパシーについて
オステオパシーについて
オステオパシーの風景

病気にかかる人とかからない人の違いは何でしょうか。
また、風邪にかかっても、軽症で済む人と重症になってしまう人がいるのはなぜでしょうか。

それを疑問に思い、解剖学と生理学からその違いを研究した医師がいました。
その名をA.T.スティルといいます。彼はその原因は、自然治癒力の強弱にあることに気が付き、1874年にオステオパシーという医学体系を発表しました。それは日本では明治維新直後のことでした。

オステオパシーの基本的な考え方は次のようになります。
体は全体で一つのユニットとして働きます。なので一部の体の構造的な異常から、神経系、循環器系、運動器系などの異常をきたし、それによって自然治癒力がうまく機能しなくなることにより病気になります。

ヨーロッパや米国では、オステオパシーは国家資格となり、保険適用となっております。

どういった症状が治療対象なのか

西洋医学では、目は眼科、歯は歯科、骨は整形外科と分けられていますが、体は一つのユニットなので、目の病気の原因が他の体の部分にあるかの可能性があります。そういった背景もあり体全体を診ていく治療であるため、ほぼすべての症状が治療対象といえます。(もちろん、中には何らかの問題で治療できない病気もあります。)
特に改善が期待できる病気として、片頭痛、腰痛、肩こり、顎(がく)関節痛、生理痛、不妊などが代表例です。妊娠、出産をスムーズにすることや産後のケアとしても、母子ともに作用が期待できます。

どのような治療をするのか

オステオパシーによる施術では、まず身体全体における動きの制限を調べ、原因を見つけます。それを治療することで、患者さまご自身で病気を改善できるようにサポートいたします。
治療に際しては、強い力を使うと繊細な人体組織を損傷する恐れがあり、体も身構えてしまうため治療作用は十分に得られないと考えています。従って、患者さまには何をしているのかほとんど分からないほどの弱い刺激を用いることがありますが、それでも高い治療作用を引き出すことができます。

治療時の注意点

オステオパシーは、科学的根拠のある治療法ですので、先入観を持たずに治療を受けていただきたいと思います。治療にはある程度の時間と回数を要します。また、痛みなどの症状が出ている場所は、あくまでも体に異常があることを知らせるために使っているにすぎません。したがって、自然治癒力を下げている原因の部位はたいてい異なる場合が多く、症状の場所を治療することはまれですが、治療作用で判断していただきたいと思います。

当院でオステオパシー治療をしている間に他の施術を受けられますと、せっかくの治療作用が消えたり、好ましくない反応が起こったりする可能性がありますので、注意してください。

画像診断や、血液検査を併用することができませんので、診断を受け重篤な疾患がないことは確認してからオステオパシーを受けてください。

治療時間

数分で終わることもあれば、数十分を要することもあります。

治療時の注意点

治療後は、体の構造が大きく変わるため、神経系や循環器系が適応するのに少なくとも数日は時間がかかります。そのため、しばらく倦怠(けんたい)感・ふらつき・頭痛・微熱などがおこることがありますが問題はございません。
また、体内の不要なものが一気に排出されるため、治療当日は水分を多めに取ってください。

治療回数・費用

初回治療で大きな異常を治療、2回目に治療作用の確認、残存する異常のなかで大きな影響部位を治療、3回目に最終確認と作用の持続を目指します。
3回は通院できる方に治療をお勧めします。体の自己調節による再構成が必要であるため、治療の間隔は1カ月程度開けていただくことをお勧めします。
治療費は3回分を初回にお支払いいただき、19,800円(税込)を頂戴いたします。

健康保険は使えますか?

全額自由診療となりますので、健康保険は使用できません。
また、当院において健康保険で検査、治療している疾病については、治療できませんので了承ください。