うすい整形外科|多治見市滝呂町の整形外科・リウマチ科・リハビリテーション科

リウマチ

関節リウマチとは

主に手の指や手首の関節にはじまり、全身の関節の痛みがでて、徐々に関節が変形する病気です。
原因はいまだ不明ですが、細菌などの病原体に対する抵抗力が、誤って自分の体の関節に向かってしまう病気(自己免疫疾患)のひとつです。

診断

リウマチと似た症状を示す病気は多岐にわたり、それをできる限り正しく診断することが大切です。

症状の出始めた当初は、一部の関節炎だけなので、診断が難しいのですが、反面、発病後6カ月以内で急速に関節が変形することが多く、早期の診断と治療開始が関節の変形の予防に重要とされています。

治療

リウマチの治療イメージ

リウマチの治療は抗リウマチ薬を使用します。

痛み止めや、ステロイドといったホルモン剤だけでは、痛みを緩和するだけで関節の破壊はほとんど抑えられません。

またステロイドは、副作用による骨粗しょう症、糖尿病、高血圧、白内障などが出現する可能性が高いので、抗リウマチ薬のみでは改善しない場合にのみ少量使用します。

残念ながら関節破壊が進行し、歩行が障害されてしまった方は、股関節、膝関節には人工関節を手術で装着することにより、痛みが緩和され、歩けるようになります。肩や肘に人工関節の手術する方法もありますが、今のところ治療後の長期経過が安定しておりません。

問診票のご案内

当院では、ホームページから初診の方の問診票のダウンロードができます。
クリックするとPDFファイルが開きますので、黒のボールペンで記入、印刷してお持ちください。
窓口での問診票の記入が省けます。

※PDF形式のファイルをご利用になるためには、Acrobat Reader(外部サイト)が必要です。