うすい整形外科|多治見市滝呂町の整形外科・リウマチ科・リハビリテーション科

診療案内

診療科目

整形外科、リウマチ科、リハビリテーション科

診療内容

  • 腰痛、スポーツ障害、椎間板ヘルニア、骨粗しょう症、リウマチ
  • 交通事故によるケガ むちうち症(頸椎捻挫)

受付時間

 
08:30~11:30
15:30~18:30

【休診】 水曜午後、土曜午後、日曜、祝日
初診、又は再診で新しい部位の診察をご希望の患者さまは最終受付時間の30分前までの受付とさせていただきます。
以上、ご理解、ご協力のほど、お願い申し上げます。

当院の特徴

受付
  • 一時的な痛みの軽減ではなく、できる限り正しい原因の究明とそれに基づく治療および再発しない体質づくりを目指しています。
  • できる限り正しい診断に基づき治療を行うため、レントゲンで写らない靱帯、軟骨、神経などを確認できるMRI(磁気共鳴断層診断装置)を導入しています。
  • 診療データをデジタル保有し、医療水準の向上に活かすため、電子カルテおよび画像ファイリングシステムを装備しています。結果、ペーパーレス、フィルムレスとなり、環境にもやさしくなっています。
  • 骨粗しょう症の診断では、日本骨代謝学会の診断基準に準拠し、腰椎での骨密度測定を実施しております。
  • レントゲンはインバーター方式で患者さまへの放射線被曝を減らすよう努力しております。
  • 車いすの方や脚の具合の悪い方でも落ち着いて移動できるようバリアフリー設計になっています。車いすの方でもトイレが使用できます。
  • 外観、インテリアは、来院された患者さまが少しでも癒やされるよう、明るいデザインとなっております。

医療機器のご紹介

MRI(磁気共鳴断層撮影装置)

MRI(磁気共鳴断層撮影装置)

MRIが稼働しており、それにより円滑な診断が可能となっております。レントゲンでは見えない、神経、血管、筋肉、腱などの病変を診断します。
スポーツ外傷にも使用されます。

骨密度測定装置

骨密度測定装置

「骨粗しょう症」の診断・治療は当院の得意領域の一つです。
腰椎での骨密度測定装置を導入し、骨粗しょう症の診断、治療を行います。